年齢が頬に出てきたら|ウルセラで若さを奪い返せ|年齢に怯えない

ウルセラで若さを奪い返せ|年齢に怯えない

レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢が頬に出てきたら

レディー

原因に合わせて

年齢を重ねると、気になってくるのが頬にできるほうれい線です。そもそもほうれい線はどうしてできてしまうのでしょうか。もともとほうれい線とは鼻から唇の端に向かって伸びる2本の線のことです。しわとは違って頬と口元を分ける線なので、早い場合は20代から気になってしまうこともあります。ほうれい線ができる原因はいくつかありますが、それぞれに合わせた対策をしていくことも重要です。まだ浅いほうれい線は主に肌の乾燥やむくみが関係しています。日頃の保湿で乾燥対策をすると良いでしょう。またむくみ対策には口の周りのエクササイズが有効です。口を閉じた状態で舌を歯に沿わせて回す運動を毎日続けます。それでも解消されない深い線は整形でリフトアップすることもできます。

深い線には

保湿ケアや運動で解消できない深いほうれい線に悩まれる方も多くいます。加齢に伴って、頬を支えていた皮下のコラーゲン繊維や筋力が低下してきてしまいます。するとほうれい線も深くなり、気になるようになってしまうのです。そんな深いほうれい線の対策には保湿だけでなく、皮下のコラーゲンの生成を促すことが大切です。ビタミンC誘導体などの美容成分にはコラーゲン生成をに働きかけるこうかがあります。また美容整形や美容外科では、直接皮下にヒアルロン酸などを注射してほうれい線をなくすことも可能です。近年は、皮膚を切らなくても特殊な糸でほうれい線のたるみを持ち上げることもできプチ整形ともいわれ人気があります。原因に合わせた対策で、美しさを維持しましょう。